退職へ向けた現職との交渉

30歳を迎える時、転職をしようと決意し、
いくつかの企業の面接を受けていました。

転職活動をしている間、得に今の会社には
何も伝えることがなく活動をしていましたが、
運良く1つの会社から内定をもらうことができました。

内定をもらうと同時に、新たな会社への入社日の話となり、
今から約1ヵ月後の入社を要請されましたが、
まだ現職に何も話をしていない点から本当に1ヵ月で入社が可能か
不安に感じていましたが、次の日にはすぐ現職へ退職の旨を申し出、
1ヵ月後には退職をしなければいけないと伝えてみました。

あまりに急なことであったため、引き止めに合い
最低でも2ヶ月は在籍してほしいと言われ、
現職の会社と新たな会社の間で板挟みになってしまいました。

しかし私自身、新たな場所で働くことの方が優先度が高いと考え、
何度も何度も交渉を続け1ヵ月後には退職するよう話を続けました。

ちなみにこちらのサイトが参考になりました!
看護師転職サイト職種はちがいますが・・・

有給休暇等まだ残っていましたが、特に消化ははせずに
約30日分の有給休暇は捨てる覚悟で退職することとなりました。

円満退社と言う言葉を聞いたことがありましたが、
退職には色々な交渉事が発生することを知り、良い経験となりましたが、
何を優先するのかと言う軸を明確に持つことで、
今の自分がとるべき行動を理解できたのかと思います。